綺麗な肌になりたい!すっぴん美人の作り方

綺麗な肌になりたい!すっぴん美人の作り方

すっぴんのままでも綺麗な肌の女性って憧れますよね…

綺麗な肌になりたいけど、何から始めたらいいのか分からない…

綺麗な肌を作るにはどうしたらいいの?

今回は、綺麗な肌になりたいあなた向けに、すっぴん肌でも綺麗な女性を目指す方法をご紹介します。

これであなたも綺麗な肌美人に!?

 

そもそも綺麗な肌とは?

そもそも「綺麗な肌」とはどういう状態でそうか?

「綺麗な肌」と聞けば、透明感のある肌の素敵な女優さんを思い浮かべる人も多いかもしれません。

が、そんな女優さんでもとても叶わない綺麗な肌の持ち主がいます。

 

 

 

赤ちゃんの肌は綺麗

赤ちゃんです。

「赤ちゃんのお肌って何でこんなに綺麗なんだろう?」と思ったこと、一度はありますよね。

綺麗な肌を目指すなら、赤ちゃんの肌の綺麗さの秘密から学びましょう。

 

赤ちゃんの肌が綺麗な理由

紫外線などの外的ダメージが少ない

紫外線などの外的ダメージが少ない

人間は普通に生活しているだけで、紫外線をはじめとするあらゆる外的刺激にさらされます。

赤ちゃんはお腹の中にいる間は、この外的刺激から守られているので、肌が綺麗です。

 

肌が薄い

肌が薄い

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄いです。

汚れをためにくいので、綺麗な肌を保てます。

(その反面、肌トラブルに見舞われやすいのも赤ちゃんです。)

 

肌の水分量が多い

肌の水分量が多い

赤ちゃんの肌ってぷよぷよ・ぷるぷるしてますよね。

赤ちゃんの肌の水分量は大人よりも多いので、綺麗な肌を保てます。

 

新陳代謝がよい

新陳代謝がよい

肌はターンオーバーと呼ばれるサイクルで生まれ変わります。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、ターンオーバー周期が大人よりも早いです。

どんどん新しい肌に生まれ変わるので、綺麗肌を保てるというわけですね。

 

綺麗な肌の作り方

赤ちゃんから綺麗な肌の秘密を学んだところで、今度は大人のあなたが綺麗な肌を作っていくための方法をご紹介していきます。

 

洗顔

洗顔

洗顔は毎日行っていると思いますが、ポイントは1つだけ。

低刺激の洗顔を心がけることです。

「赤ちゃんの肌は外的刺激から守られているので綺麗」というポイントを思い出してください。

ゴシゴシ洗うこと、必要以上に洗いすぎること、冷たすぎる水、暑すぎるお湯…すべて外的刺激です。

低刺激の洗顔料で、たっぷり泡立て、ふんわりと優しく洗うことが、綺麗な肌への道ですよ。

 

紫外線対策

紫外線対策

こちらも外的刺激から身を守るアプローチです。

なるべく肌を紫外線にさらさないことはもちろんですが、自分に合った紫外線対策方法を見つけることが大切です。

市販の日焼け止めが合わない場合は、通販で購入できる良さそうな商品や、飲む日焼け止めで対策するのもいいかもしれません。

 

睡眠習慣を整える

睡眠習慣を整える

こちらは新陳代謝をよくするためのアプローチです。

綺麗なお肌のために、夜更かしはしない方がベター。

また、何か寝不足な感じが取れない場合は、寝具を代えてみて様子を見るのもいいでしょう。

 

食生活を整える

食生活を整える

こちらも新陳代謝を促すアプローチ。

なるべく野菜を摂るというのは耳にタコかもしれませんね。

一番重要なのは食事のバランスですが、綺麗な肌を目指すには、抗酸化作用のあるビタミンCを多めに摂ることを意識するとよいでしょう。

 

スキンケア

スキンケア

スキンケアでは「保湿」が重要です。

赤ちゃんの肌は水分量が多くてプルプル。

大人になると自然と水分量が減ってしまうので、肌の外側から水分を補給してあげます。

 

韓国人の肌が綺麗なのはなぜ?

韓国人の肌が綺麗なのはなぜ?

韓国ブームが続いていますが、韓国人の女性の肌って綺麗だな~と感じますよね。

日本人と同じ黄色人種ですから、肌の性質自体はそこまで違いが無さそうですが…

一説として「肌断食」をしているから肌が綺麗だというお話があります。

肌に何も与えず、肌本来の力を引き出すのが肌断食で、韓国人女性のようなキレイ肌が手に入る!?

 

肌悩み別・綺麗な肌を目指す方法

綺麗な肌を目指すための方法をお伝えしてきました。

ここからは特に、よくある肌悩み別に綺麗な肌を目指す方法をご紹介します。

 

毛穴詰まり

毛穴詰まり

毛穴が詰まる原因としては、皮脂と古い角質が合わさってできる「角栓(かくせん)」が挙げられます。

特に、鼻のところのブツブツ、通称「いちご鼻」は気になりますよね。

毛穴詰まり用のパックを使用してケアする方法や、洗顔・クレンジングからアプローチする方法があります。

 

ニキビ

ニキビ

ニキビは毛穴の出口がふさがって、毛穴の中で皮脂が詰まることがきっかけでできます。

ホルモンバランスの乱れが原因として挙げられますが、様々な要因が絡み合っているので、これがニキビの原因だ!と特定することが難しいです。

対策としてできることは、十分な睡眠や、ビタミンC誘導体型の化粧水を使うこと等が挙げられます。

 

シミ

シミ

シミの原因も様々ですが、多くはメラニンが体内に居座って排出されないことが原因です。

この場合、体内のメラニンを排出するためのアプローチが必要になります。

例えば、美白化粧品を試してみること。

高いイメージがある美白化粧品ですが、手軽にお試しできるのが、ファンケルの無添加ホワイトニングセットです。

なかなかの割安ぶりがすごいので、下記記事をチェックしてみてください。

 

くすみ

くすみ

肌がどんよりくすんでいる…と感じる方は、「くすみ」かもしれません。

くすみから綺麗な肌を目指すには、顔のくすみの種類を知るところから。

下記の記事では顔のくすみについて徹底解説していますので参考にしてみてください。

 

まとめ

綺麗な肌になりたいあなたへ、綺麗な肌の秘密と対策をお伝えしてきました。

鏡を見たときに、「あれ?なんか肌綺麗になってない?」なんて姿を想像するだけでも、なんだか気分が上がってきますよね。

そのためには、どんな方法も地道に続けること。

その先に、綺麗な肌の自分が待っています。