今すぐ読みたいアラサー女子漫画おすすめ25選!恋愛・胸キュン・少女漫画も!

独身アラサー女子向けの漫画のまとめです。

「アラサー独身の仕事・生き方」「アラサー独身の恋愛・婚活」「胸キュン少女漫画」「懐かし」「Webマンガ」「4コマ」の6つに分けて、口コミ、感想入りで紹介していきます。

色々あるけど、漫画でも読んで一休み。ストレス解消に、癒されたいときに…

何かと大変なアラサー女子の息抜きに最適な漫画25選!一気にどうぞ!

 

アラサー独身の仕事・生き方

プリンセスメゾン

画像引用元:http://yawaspi.com/princess/

主人公・沼ちゃんが理想のマンションを購入するために奮闘する物語…というと、アラサー女子がいかに自分の家を買うか?というお話に思えますが、プリンセスメゾンで描かれているのは、切なる人の願いです。やわらかいタッチの絵柄で、ほのぼのとした印象の中にある想いをじっくり味わえる作品。

この他、作者の池辺葵さんが描いた「ねえ、ママ」という作品は、第21回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で大賞を受賞しました。

 

「プリンセスメゾン」の感想

沼ちゃんに自分をかさねてしまい応援したくなりました。自分の幸せをただひたすら素直に求めている人達の物語です。

絵もごちゃごちゃしてなくシンプルでそれでいて空間をうまくつかっていてとても読みやすいです。

時代や周りの雑念,嫉妬に惑わされず私も生きてみたいです。

出典:Amazon.co.jp

 

いつかティファニーで朝食を

画像引用元:http://www.comicbunch.com/

主人公や友人の女性たちが、様々な現実を突きつけられながらも、おいしい朝食を通して大切なことに気づいていく作品。タイトル通り、東京を中心に実際においしい朝食が食べられるお店がたくさん登場します。そんな簡単なことが、案外大事なんですよね。

 

「いつかティファニーで朝食を」の感想

皆どっかしら歪んでて、可愛げが無かったり打算的だったりするけれど、それが一般的な女の姿だと思います。麻里子の迷いとか、仕事に対する想いだったりとかは凄く良く分かります。

東京のOLってこんな感じだけどなぁ。

悩みながらも仕事を続けていく麻里子には、自分も励まされたりして。

出典:Amazon.co.jp

 

働きマン

画像引用元:http://www.comicbunch.com/

ドラマ化もされたので知っている方も多いであろう、安野モヨコ先生の「働きマン」です。働きマンというだけあって、仕事に情熱を燃やしたことのある働く女性なら、共感できるポイントがたくさんあるでしょう。とにかく元気を出したいときに…

 

「働きマン」の感想

私は衝撃を受けました。仕事をしたことのある女性なら誰でもこの作品のどこかに共感できるのはないでしょうか?

世の中ってこんなもん。

そんな中、主人公の松方弘子はいつでも全力直球を投げていきます。球の行く先は「仕事」です。

理不尽感じる世の中だからこそ、主人公の松方弘子の全力直球に元気をもらえること間違いなしです!

出典:Amazon.co.jp

 

サプリ

画像引用元:http://www.s-book.net

2006年にドラマ化された「サプリ」の原作漫画です。ドラマの出演は伊東美咲と亀梨和也。女性が働くことを題材にした漫画としては「働きマン」と双璧をなす作品です。「働きマン」が働く喜びそのものにスポットが当たっているのに対し、「サプリ」は、働くことで生じる女性の気持ちがより描かれています。

 

「サプリ」の感想

作者のおかざき真里さんは博報堂に勤めていた方です。

このお話は広告業界という厳しい世界で生き抜いていく「女」としての仕事人のお話。実際に働かれていたから現場の厳しさは非常にリアリティがあります。

出典:Amazon.co.jp

 

おひとり様物語

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

おひとりさまを描く短編集。状況としておひとりさまな人だけではなく、恋人がいたりするけど「心がおひとりさま状態」になってしまった人々の物語が収められています。でも読後はほっこり。短編集ということで、気軽にさっと読みたいときに最適です。

 

「おひとり様物語」の感想

望んで独り身でいる人が多いためか、派手な大恋愛は皆無です。そのかわり独り身でも誰かとのつながりがあって本当はひとりではないという気づきがあったりとか、恋が実らなくても誰かを好きになるって素敵なんだな、っていう切ない充足感とかが描かれており、ほっこり優しい気持ちになります。

出典:Amazon.co.jp

 

アラサー独身の恋愛・婚活

東京タラレバ娘

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

アラサー漫画の代名詞。ドラマ化もされた東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」は、独身アラサー女子の心をえぐりにえぐってくる作品です。とは言え少女漫画の胸キュンあり、ギャグセンスもさく裂で基本は楽しく読める漫画です。毎回巻末の「タラレBar」には、アラサー女子のお悩み相談コーナーも…。

 

「東京タラレバ娘」の感想

なぜこの本の購入に至ったかというと、とあるフェス会場でアラサー女子3人で落ち着いているのかはしゃぎたいのかわからない微妙な空気を醸しだしていたところ、近くにいた見知らぬ男性に、「東京タラレバ娘って知ってる?」と話しかけられたことがきっかけです。
まだドラマもやっていなかった頃でしたが、まぁ、買って最終巻まで読みましたよね。あの男性は私達3人を見てタラレバ娘を彷彿としていたのでしょうね泣

出典:Amazon.co.jp

 

おんなのいえ

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

アラサー漫画は同棲を解消してから始まるパターンが多いのですが、「おんなのいえ」もそこから始まります。ただこの漫画がすごいのは、恋人だけではなく家族との葛藤も描いているところ。綺麗ごとじゃない人間同士のぶつかり合いは、読んでいて引き込まれてしまいます。

 

「おんなのいえ」の感想

どこにでもいるような今時の29歳。
まさかの彼氏振られて人生がずどーんって堕ちるところからスタートします。

妹とのやりとりや、姉の前に現れた新たな男性、再登場する元彼など、
あるある!ありそう!
という場面と、
そうそう~~そうなんんだよ~~~というセリフに
共感しまくりました。

ここ最近で一番おもしろかったです!!!!

出典:Amazon.co.jp

 

今日は会社休みます。

画像引用元:http://cocohana.shueisha.co.jp/

綾瀬はるか主演でドラマ化されたことも記憶に新しい「今日は会社休みます。」主人公の年齢はアラサーですが、限りなく少女漫画のラブストーリーそのもの。リアリティをつきつけられるアラサー漫画が多い中、お花畑と呼ばれようが単純にキュンキュンしたい方におすすめ。

 

「今日は会社休みます。」の感想

忘れてた記憶が甦り、きゅんきゅんしましたぁー
気遣いがエゴになる 伝える言葉って大切

出典:Amazon.co.jp

 

ダメな私に恋してください

画像引用元:http://you.shueisha.co.jp/

男に貢ぎ癖があるダメな私。彼氏ナシ・仕事なし・色気なしの3拍子揃った主人公。でもでもこの漫画は、決して暗い漫画ではありません。テンポ良いギャグマンガ要素もあるラブコメディです。作者の中原アヤ先生は人気漫画「ラブ★コン」の作者としても有名です。

 

「ダメな私に恋してください」の感想

ミチコが徹底的にダメなので、かえってそれが良かったです。上司に対しての言葉づかいも漫画なので気になりませんでした。

やってる事はダメ過ぎるのに、ポジティブで明るくて、そういう人柄だから転落する前に叱ってくれる人がいて、這い上がれるんですね。

その辺の嫌味も感じないので楽しく読めたんだと思います。

出典:Amazon.co.jp

 

ホタルノヒカリ

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

干物女という言葉を生み出した「ホタルノヒカリ」は、主人公の蛍のずぼらぶりに、思わず共感してしまう女子多数。綾瀬はるかと藤木直人でドラマ化され、一世を風靡した作品です。干物女だけど、恋愛のドキドキを思い出したい方におすすめ!

 

「ホタルノヒカリ」の感想

27歳の干物女の主人公が、訳あって職場の部長と同居する事になります。
毎日平穏な日々を過ごす主人公ですが、綺麗好きの部長がいることで干物生活が乱されて・・・。上司と部下の関係ですが、家では悩み事や恋の相談をする主人公。部長もそんな主人公に親身になったりと二人の関係性が良い意味で描かれています。
また、どこにでもありがちな生活がリアル過ぎて共感する部分もありました。
出典:Amazon.co.jp

 

30婚

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

「30婚」と書いて「ミソコン」…そのまんま、主人公が婚活をがんばって結婚を目指す作品です。アラサーの恋愛というよりは「結婚」にスポットが当たっているので、結婚を特に意識している方は胸に刺さりつつも楽しめる作品でしょう。

 

「30婚」の感想

主人公や周りの人間たちが婚活を通して成長する様子がしっかり伝わってきますし、テーマがテーマだけにコミカルに進んで行く方が読んでいて気が楽でもあります。

主人公の野呂笑は自分と違うタイプの人間ですが、前向きで素直なところに好感がもてます。幸せな結婚をしてほしいですね。

出典:Amazon.co.jp

 

喰う寝るふたり、住むふたり

画像引用元:http://www.tokuma.jp/

同棲している二人の物語。面白いのは、女性視点と男性視点の同じ物語を交互に描いて、その時のお互いの心情が分かるようになっているところ。すれ違う二人の気持ち、通じ合う二人の気持ち、どちらも2倍楽しめます。ほんわかできる作品です。

 

「喰う寝るふたり、住むふたり」の感想

女性が合コンに人数合わせに呼び出されるエピソードでも、「女性の側はこう感じている」「男性の側はこう感じている」みたいに。

同じ思いを抱えていたり、微妙な考えの差ですれ違っていたり・・・現実もこんな「距離」、結構ありそう。

各エピソードも良く練られていて楽しめます。

出典:Amazon.co.jp

 

トラップホール

画像引用元:http://feelyoung.jp/

おしゃれでアーティスティックな印象の「トラップホール」ふわふわした妄想の世界のようでいて、実は現実でも、こういうドロドロした気持ちがうずまいているものだという感じもしてくるのがすごいところ。「人の弱さ」が描かれている作品です。

 

「トラップホール」の感想

同性からしたらイラッとするとこはありますけど、ハルコみたいな弱いのかしたたかなのかわからない女の子って、リアルかなと。

心情描写がちょっと薄いかなあとは思いましたが、面白く読みました。

ただ、最後が・・・は??こんなうまい話ねーよ!以上!!って感じ・・・

出典:Amazon.co.jp

 

胸キュン少女漫画

君に届け

画像引用元:http://betsuma.shueisha.co.jp/

王道の少女漫画をただただ読みたいあなたは、今すぐ「君に届け」を読みましょう。忘れていたあの頃のときめき、ドキドキ、恋する気持ちを取り戻せます。正に王子様の「風早(かぜはや)くん」に、恋すること間違いなし。

 

「君に届け」の感想

とにかく泣ける!笑える!悶える!(笑)

焦れったいし胸キュンしまくりで思わず叫びたくなる程いい作品です!アニメの方も、毎週観る度に泣いてしまいます。

絶対買って損はなし。私はこの作品と出逢えて幸せです。

出典:Amazon.co.jp

 

俺物語

画像引用元:http://www.s-manga.net/

少女漫画ではありますが、主人公は男性です。おっさん顔の主人公(高校生)の純粋でまっすぐな恋愛模様は、とにかく元気を出したいときにおすすめ。涙活でストレス解消!もいいですが、「俺活」でどどどーっとストレスぶっとばしちゃいましょう。

 

「俺物語」の感想

こんなにもひたすら幸せな少女漫画を読んだのは初めてです。

登場人物がみんな良い。

最新刊まで一気に読んでしまいました。続きも楽しみです

出典:Amazon.co.jp

 

アオハライド

画像引用元:http://betsuma.shueisha.co.jp/

絵が綺麗でさわやかな「アオハライド」は、安心して読めるピュアな少女漫画。「ストロボエッジ」でも有名な咲坂伊緒先生の作品です。意外性やジェットコースター展開よりも、普通にキュンキュンできる話を探している人はこちらへ。

 

「アオハライド」の感想

絵がとても上手で綺麗です。女の子は可愛いし、男の子はカッコいいです。

制服の着こなし方(男の子なら、少しずり下げたズボンのかんじとか)を上手に描いていると思います。また、男の子(洸や小湊)の私服のセンスもシンプル&オシャレで好きです。

高校生に戻って恋したくなります~いいわ~。

出典:Amazon.co.jp

 

懐かし

花より男子

画像引用元:http://www.s-manga.net/

日本で一番有名な少女漫画と言っても過言ではない「花より男子」です。どの世代の女の子も知っている懐かし漫画。牧野つくし 、道明寺、花沢類…この名前にピンと来たら読み時です。

 

「花より男子」の感想

私が中学生の頃、『花男』をクラスの女子でまわし読みしてました。

そのころから、全巻出たら、いつか大人買いするぞ!!っと心に決めていました。。。

そして、ついに先日、夢を叶えることができました♪

明け方まで、読みふけり二日で全巻読み終えました★★

私にとって、一生ものの漫画なんです!

出典:Amazon.co.jp

 

君はペット

画像引用元:http://kc.kodansha.co.jp/

刺激的なタイトルの「君はペット」。独身女子がペットを飼い始めたら終わり!なんてことを言われますが、仕事で疲れて帰ってきたら、癒しが欲しいのは当然。その癒しが動物ではなく、かわいくてかっこよくて愛らしいイケメン年下彼氏だったら…夢のような設定の中で、その夢がどうなっていくのかが気になる作品です。

 

「君はペット」の感想

女性の外ではしっかりしていたいけど、どこかプライベートで甘えられる場所がほしいという願望と、周囲からの目線という環境を適切に綺麗な絵で表現している漫画。

自分は主人公ほど美人ではないし身長もないけれど、似たような経験を持つ身として感情移入しながらじっくり味わって読ませてもらいました。

出典:Amazon.co.jp

 

ガラスの仮面

画像引用元:http://www.s-book.net

何と第1巻は1976年発売というから驚き!少女漫画の古典中の古典であり、今なお現役の「ガラスの仮面」は、アラサー女子よりも先輩です。この時代に読むと、ええええ!というところもありますが、40年続いているにはワケがある。

 

「ガラスの仮面」の感想

これ以上おもしろい漫画ってあるのかな?

あったら教えてほしいです。花より男子も同じくらい売れたと思いますがくらべものになりません!

何度読んでもあきることのない面白さです。マヤがじゃなくて美内先生が天才なのですね。
出典:Amazon.co.jp

 

webマンガ

花とホルモン–深夜の居酒屋女子会

画像引用元:https://news.mynavi.jp/

マイナビニュースで2014年から2016年まで連載されていた、「花とホルモン–深夜の居酒屋女子会」アラサー女子色々あるけど、それはひとまず置いといて、とりあえず友達と飲みに行きたくなる作品です。

 

「花とホルモン–深夜の居酒屋女子会」の感想

独身OLのすべて

画像引用元:https://shigotonadeshiko.jp/

Webコミックサイト「モアイ」で連載されいてる「独身OLのすべて」は、独身女子3人組が職場の人間関係や、女同士のマウンティング、アラサー女性のあるあるをネタに、おもいっきり笑える漫画です。とにかく笑い飛ばしたいときに。

 

「独身OLのすべて」の感想

女の友情と筋肉

画像引用元:http://sai-zen-sen.jp/

どこにでもいるアラサーOLの日常を描いた作品。ただ一つ違うのは、登場人物のOLが筋肉マッスルなことだけ。読んでるだけで元気が出る、ストレスを吹き飛ばしてくれる今作。スカッとしたいときにおすすめです。

 

「女の友情と筋肉」の感想

4コマ

OL進化論

画像引用元:http://morning.moae.jp/

絵柄がどこか懐かしい「OL進化論」は会社の総務課が舞台で、90年代初頭のOLさんのお話ですが何と現在も絶賛連載中。話題も時代に合わせたものになっていて、クスッとおかしく笑える作品。ほのぼのしたいときに。

 

「OL進化論」の感想

しばらく読んでいなかったのですが、やはり安定した面白さで嬉しくなりました。

個人的にいつもながらスゴいなと思うのは各作品のタイトル名の秀逸さと、良い意味で変わらない絵柄。

特にタイトルって普通4コマは適当に付けられがちな感じでも(あくまで個人的に、です)秋月作品のそれは非常に練られてるなと。

元々の先生のセンスの良さもあるんでしょうが、それでもやはりプロってスゴいなと感心します。

出典:Amazon.co.jp

 

アラサーちゃん

画像引用元:http://www.fusosha.co.jp/

そのものズバリなアラサー漫画。壇蜜主演でドラマ化もされ、作者の峰なゆかさんも有名な「アラサーちゃん」です。かわいい絵柄ながら、下ネタも満載。ちょっとそこにひいちゃう場合もありますが、ゆる~く楽しむならアラサーちゃんです。

 

「アラサーちゃん」の感想

普段から「なんかむかつくな、こういう人」と漠然と持っている感情をズバッと代弁してくれている
という印象です。

「そうそうそれが言いたかった!」という感じ。

ただ、登場人物たちのキャラクターが極端なので共感というよりも「ああ、世の中にこういう人一定数いるよね」と一歩引いた目でみられ
ます。

女はこう、男はこう、これだから・・・という感情ではなく、いるいる~という目で見ればより楽しめる
かもしれません。
出典:Amazon.co.jp

 

まとめ

アラサー女子向けの漫画は、リアリティがグサグサ来る作品と、ほっこり癒される作品、少女漫画王道の胸キュン作品があります。

気分に合わせて選びましょう。近くの本屋さんでも古本屋さんでも漫画喫茶でも、読みたいときに読んでみてください。

 

アラサー女子のための胸キュン記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のコメントをしよう

必須