焦りは禁物!アラサー女子の結婚は「自分らしさ」最優先で

結婚への焦りを感じているアラサー女子のみなさまへ。

  • え?まだ結婚してないの?
  • もうお姉ちゃんは結婚は無理そうだね…
  • いい歳して未婚って恥ずかしいよね…

こんな言葉に振り回されていませんか?

焦りを感じる必要なんて全くないことを、未婚・独身の私がこれから証明していきます。

私は男性ですが、これからお伝えすることは、周りのアラサー女子から「めっちゃ気持ちが楽になった~」とありがたい感想をたくさんもらった「とある一つの考え方」です。

  • 周りがどんどん結婚して、親や親戚からの目が痛い
  • 結婚した友達は勝ち組、未婚の自分は負け組
  • 高齢出産のことを考えると暗い気持ちになってくる

そんな風に思っているアラサー女子は必見です。

焦りを解消して、あなた本来の落ち着きを取り戻しましょう。

 

結婚への焦りは、親と友達が運んでくる

どうして結婚に焦るんでしょうか?

「焦らなくていいじゃない。自分のペースで行こうよ。」

そんなアドバイスをしてくれる人もいるかもしれません。でも、そう言われても焦っちゃいますよね。

どうしたって結婚への焦りは感じてしまいます。

焦りの原因の一つは、「周りからのプレッシャー」ですよね。

親の「いつ結婚するの?」というプレッシャー。

友達や兄妹、いとこ等の周りが結婚していって「自分も結婚しないとヤバイ?」というプレッシャー。

私はアラサーで彼氏もいなくて未婚…。

自分をマイナスに捉えてしまって、どんどん焦り、悩みが深くなっていってしまいます。

 

未婚は恥ずかしいこと?

結婚していることが良しとされ、未婚・独身でいることは何だか恥ずかしいことのように思えてきます。

道を歩いているだけで、カップルや家族連れが目につくようになってきて、自分が一人ってことを痛感。ため息をついている自分にさらにため息をついちゃったりして。

そもそも、焦りがあるなら結婚に向けて行動すればいいはずなんだけど、なかなか行動する気にもなれず、焦りが募っていくんですよね。

そしてそもそも、焦りに突き動かされて婚活するっていうのも、何か違う気がしますよね。

だけど行動しないと結婚できないし…みたいなループに陥って焦っている人が多いんじゃないかな~と思います。

 

結婚の呪縛から自由になる

そもそも「どうしても結婚したい!」って、実はそこまで思えない人も多いでしょう。

親のプレッシャーや、友達が幸せになっていくのを見て、「自分も結婚しないとヤバイ?」と焦ってしまうんだと思います。

さらに、出産のことを考えるとやっぱり焦ってしまう。

 

だけど、焦って結婚しても幸せにはなれませんよね。

 

好きでもない人と結婚して後悔している人だって、世の中にはたくさんいます。

友達が結婚していくからと言って、絶対に自分も結婚しなければダメ!なんていう法律はドコにもありません。

 

マイペースに自分らしく。

私の人生は、私が思った通りに。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、焦らず自分が思った通りの人生を送っていいんです。

 

と、言われましても…?

 

出産のリミットはいつ?「高齢出産リスク」

焦る理由ってそれだけじゃないですよね。というかこっちの方が大きいと思われます。

 

出産のリミット問題です。

 

まず、「高齢出産」というのは一般的に35歳以上と言われていますよね。35歳以上で出産すると高齢出産になって、色々とリスクがある…と聞いたことがあると思います。

どんなリスクがあるのかは無責任なことは言えないですし、一介のライターの私がおいそれと書けるものではありません。

唯一できるのが、実際に第一子を35歳以上で産んだ女性は、日本にどのくらいいるのか?という厚生労働省の資料の解説です。

第一子を生んだ時の母の年齢 平成27年の出生数(人)
19歳以下 10,546人
20~24歳 56,999人
25~29歳 153,003人
30~34歳 155,198人
35~39歳 81,254人
40~44歳 20,448人
45歳以上 622人

出典:厚生労働省 平成27年人口動態月報年計(概数)の概況

35歳以上の「高齢出産」に該当するのが赤字の部分。平成27年には、約10万人の赤ちゃんが1年間で産まれているのが分かります。

ただ表を見ても分かる通り、やはり第一子出産のボリュームゾーンは25~29歳、30~34歳です。

で、ここで気になるのが、じゃあその35歳以上の既婚女性はどのくらいいるのか?という素朴な疑問。

既婚女性の年齢 人数(人)
35~39歳 2,806,000人
40~44歳 3,395,000人
45~49歳 3,078,000人

出典:平成27年国勢調査 人口基本集計結果

こちらが国勢調査の結果です。35~49歳の既婚女性は、合計すると全国で約927万人います。

もちろん、既婚女性の中にはすでに出産経験のある方も含まれるので単純な計算はできませんが、35~49歳の既婚女性が 約927万人 いて、1年間で産まれた第一子の赤ちゃんの数が 約10万人 です。

ちなみにこれが25~34歳になると、既婚女性 約310万人 に対して、産まれた第一子の赤ちゃんの数が 約38万人 です。

感じ方は人それぞれですが、そもそも30~34歳で第一子出産数が 約15万人 だったのが、35~39歳では 約8万人 とガクっと減ります。

第一子を生んだ時の母の年齢 平成27年の出生数(人)
30~34歳 155,198人
35~39歳 81,254人

35歳までに第一子を産む女性が多いというのは間違いなさそうです。

 

自分らしさと世間

親が言うから、周りが結婚しているから、普通はそうだから。

 

だから自分も結婚しなくちゃ…

 

っていう生き方は、誰かに自分の生き方をゆだねていることと同じですよね。自分の想いが1ミリも無いんです…。

 

周りの声ではなく、あなたが感じる「自分が思う通りの生き方」をすれば、焦りなんか感じる必要ありません。

自分は自分、他人は他人です。友達、兄弟、親ですら自分とは違う生き方をしている人です。

 

 

世間一般が思う常識的な幸せの尺度に、自分も合わせなくちゃいけないなんて決まりはないんです。

焦って好きでもない人と結婚して、後悔する可能性だってあります。

 

それよりも、自分自身が楽しめる生き方を模索する方が、何だかワクワクしませんか?

 

例えばあなたは、本当はイラストを描く仕事がしたいかもしれない。無理って思ってたけど、トライしてみたら意外と出来た。イラスト繋がりで新しい出会いがあった。

 

それが運命の出会いだった。

 

なんてことも、全然あり得る話です。自分の思う通りの生き方をして、しかも自然な出会いで結婚相手に巡り合える。最高じゃないですか。

 

「そんな上手い話あるワケないよ~」と思う方もいるかもしれません。

ですが、問題はそんな上手い話があるかどうかじゃなくて、

今オロオロ焦っている自分と、自分らしく好きなことをしている自分、どっちが幸せな結婚に近いのか?っていう話なんです。

 

自分らしく生き生きとしている女性は魅力的ですよね。

男性から見てもそれは同じです。しかも、もし結婚しなくてずっと独身だとしても、自分がやりたいことをやれている人生です。

結婚への焦りを解消するには、まず、思いっきり自分がしたいことをしてみてください。

その先に、やりたいことをやっている楽しそうな自分と、それを見守ってくれる素敵なパートナーがいます。

 

詳しい人に聞いてみた

アラサー女子の心については、同じ年代の女性に聞くのが一番。

しかも、結婚経験があって、人の心に向きあう仕事をされている方ならなおさらです。

病院や包括支援センター等で数々の人の心に向き合い、現在は神奈川県の精神科病院に勤務するあやかさんにお話を伺いました。

(あやかさんには、ライターayapanさんとしても記事を寄稿していただいています。)

アラサー女性が結婚について焦る理由には、複数の要因が関連していると考えられます。身体的側面、精神的側面からひもといていきましょう。

焦る理由は1つではなく、たくさんの要因があるんですね。

 

まず、身体的側面について、35歳以降は高齢出産といわれております。つまり、30歳前半までには妊娠し、出産をした方が、さまざまなリスクを回避することができるのです。

やはり出産のことを考えると、焦りを感じてしまうのは当然のことのように思えます。

 

つぎに、精神的側面について、前述のとおり、出産に伴う適齢期があると同時に、「周りはほとんど結婚していて子供も産まれている」といった環境におかれているアラサー女性が多いのではないでしょうか。

周りが結婚して子供もいるとなると、自分もそうなりたいと思うのは自然なことのようにも思えます。

 

このようなとらえ方をしている女性は、友人や知り合いの価値観に依存しているのではないかと考えられます。簡単に申しますと、自分に自信がないのです。そのため、周囲の価値観や環境に影響されてしまうのです。

何ともドキッとするご指摘です。確かに、しっかりした自分の価値観を持っている人は、他人の価値観に振り回されずに済みますよね。

 

アラサー女性が結婚を焦る心理として、身体的側面も含め自分自身の自信のなさが影響していることが要因としてあげられます。その人がその人らしくいられるよう、自分を肯定していくことも大切な作業のひとつです。

自信のなさが焦りを運んでくる…だから、自分を肯定してあげて、自信を持てば焦りは消えていくのかもしれません。

それではここから、結婚にまつわる数々の焦りの解消法をご紹介していきます。

 

恋愛の焦り

結婚への焦りにも通じますが、恋愛に対する焦りや不安が強いパターンもあります。大きく分けて2パターンあります。

  1. 恋愛経験が少ない(もしくは全くない)
  2. 恋愛経験はあるが自信がない

恋愛経験が少ない、もしくは20代後半~30代まで誰とも付き合ったことが無いというのは、コンプレックスになり得ます。

恋愛経験はあるけど、すごく大きな失恋をして立ち直れないとか、まだ好きだった人を引きずっているとか、恋愛してみて、誰かと生活することに不安を感じている方もいるでしょう。

 

ふっとべ!恋愛の焦り

恋愛経験がほぼ無い場合

まず、恋愛経験が少ないか全く無い場合、放っておくとどんどん「恋愛していない」というコンプレックスが膨らんできます。

特に「セッ○スの経験がない」というコンプレックスは、どんどん強くなってしまいます。

恋愛してこなかったのは、あなたが悪いわけではありません。たまたまそういう機会が無かっただけです。だから、そういう機会を作ってしまいましょう。

最初はめんどくさいかもしれませんが、コンプレックスを解消できない人生の方が、もっとめんどくさくなります。年齢が上がれば上がるほど「恋愛経験が無いこと」が原因で、ますます尻込みしてしまいます。

もっとライトに、「人と付き合うって、どういう感じなんスかね?」くらいの軽いノリで、出会いの場にでかけてみましょう。

長年のコンプレックスが、「なーんだ、こんなことだったのか」と、いつの間にか解消されてしまいます。

 

不毛な恋が止められない

現在進行形で恋愛しているけど、彼と結婚を考えられなくて焦っている方は、「好き」という気持ちと「結婚したい」という気持ちで揺れています。

相手が既婚者で、不倫関係の場合もあるでしょう。この場合、このままズルズルと関係を続けていって、「結婚できずに別れた」という場合を考えてみてください。

人間、どういう状況からでも立ち直れますが、ダメージは明らかに大きいですよね。傷つくのは自分です。

その覚悟があれば別ですが、結婚を考えるなら諦めた方が良いです。…が、中々そう割り切れるものでもありませんね…

ただ一つ言えることは、自分をいたわってあげてほしいということです。不倫相手は、あなたと別れても一緒にいる人がいるのですから…。

 

辛い恋が忘れられない

大きな恋愛をして、その傷がまだ癒えていない。けど年齢も年齢で、結婚に焦っているという場合。

1年、2年くらいならばそういう時期も必要でしょう。
ただこれが何年も続いている場合は、「そんな気になれない…」という気持ちにいったん蓋をして、出会いを求めるべきです。

なぜか?…恋愛が楽しいものだと思い出すためです。

過去の恋愛は辛かったかもしれませんが、恋愛は楽しいこともたくさんあるはずです。

別れたことで、楽しい思い出が辛い思い出に変わったままだと、恋愛の辛い面しか見えなくなってしまいます。

単純に「もったいない」ので、ぜひ恋愛の楽しい面を感じるために、出会いを求めてみましょう。傷ついた心を癒すのは、家ではなく外です。

 

出産の焦り

結婚を焦る理由の一つとして、出産のタイムリミット問題があります。心は若いままでも、体は歳をとってしまいます。

35歳を過ぎると妊娠しにくくなり、年齢が上がれば上がるほどリスクが高くなる…という話は、散々言われてきたことだと思います。

 

ふっとべ!出産の焦り

子供が欲しいのか、期間限定と言われているから焦っているのか、どちらでしょうか?自然に子供が欲しいと思うのなら、結婚するために行動すべきでしょう。

タイムリミットは現実にありますが、まずはその現実を正しく認識することです。不妊治療の限界や、どのリスクが何歳で高くなるのか?等、まずは自分で調べてみましょう。

あと1年で産めなくなる…という切羽詰まった状況なら別ですが、まずは正しい知識を得ることで、焦りが収まっていきます。

 

仕事の焦り

結婚と同時に大きな問題が仕事です。

実は結婚というよりも、将来の仕事の不安から「結婚しなきゃ…」という焦りに変わっている場合があります。

仕事の不安が全く無いという人はいません。ただ、仕事の不安が結婚への焦りに繋がる場合、いま自分がやっている仕事に自信が持てていないのかもしれません。

また、派遣社員やアルバイトという立場だったり、何らかの理由で仕事に就けていない状態かもしれません。

 

ふっとべ!仕事の焦り

まず、自分の仕事を確立しましょう。何もすごい実績を残すとか、そういうことではありません。

アラサーになれば、恐らく自分のできそうな方向というのが、おぼろげながらもあると思います。

  • 「人を調整するような仕事はできないけど、コツコツとデータを作る仕事ならできる」
  • 「パソコンを使う仕事は苦手だけど、人と接する仕事ならできる」
  • 「直接話すとダメだけど、電話なら落ち着いて話せる」

など、これはできそうだということを仕事にしていけば、自分の能力を活かして働けますし、嫌々やらずに済みます。どんな職種があるのかは自分で考えても難しいので、転職エージェントなど詳しい人に聞くのが一番いいでしょう。

 

自分で仕事を作っちゃう

また、自分で独立して仕事をするという方法もあります。独立というと大変そうなイメージがありますが、何もいきなり独立する必要はありません。

とりあえずは派遣やアルバイトを続けながら、自分の得意なことを仕事にできないか模索してみるとか、投資を覚えるという方法もあります。

今の時代、インターネットの力を使えば、昔は無理だと言われていたことが出来るようになってきています。

これは社会経験が無くてもできることなので、何らかの理由で社会経験が無い方や、病気やストレスで長期間働いていない方でもできます。

結婚して主婦になったら仕事もやりにくくなりますし、万が一離婚してしまった場合、スキルが無い場合はかなり厳しい状況になります。

実は独身であることを最大限活かせるのが仕事の焦りです。

何かを始めるのに、遅いことはありません。

 

友達関係の焦り

周りの友達がほとんど結婚してしまって焦る…というのはアラサーあるあるですが、年齢を重ねるにつれ様々な面で差が生まれてきて、女子会に行きたくない…という人も多いそうです。

結婚に対する焦りでもありますが、どちらかと言えば「周りの友達との位置関係」に対する焦りです。自分の位置が低く感じられる悩みですね。

 

ふっとべ!友達関係の焦り

気にしなければいい…と言っても気になるもの。比較しても仕方ない…とは言っても、自分が低い位置にいる(という自覚がある)状態から、何も気にしないのは無理ですよね。

この場合、友達関係が自分を高い位置に持っていく原動力になるのならば良いですが、あまりに辛い場合は距離を置いてもいいかもしれません。

そして、趣味や好きなことを通して、別の人間関係を作っていくのがいいでしょう。今の焦りを生む友達関係は、学生時代の友達など、自分と近しい関係だと思われます。

そういった近しい関係性ではなく、ちょっと違う価値観を持っている人たちと触れ合うと、視野が広がります。自分の人間関係が広がって、「世の中、今の友達関係だけじゃないんだな…」と思えたら、焦りはふっとびます。

 

家族関係の焦り

結婚しないことに対して、親のプレッシャーを受けるというのもアラサーあるあるかもしれません。さらにそこに、兄弟姉妹が結婚して子供がいたりすると、ダブルパンチで焦りがやってきます。

何か独り身でいることが、悪いことのように思えてきたりする悩みです。

 

ふっとべ!家族関係の焦り

家族と同居しているか、一人で暮らしているかで少し分かれます。

同居していて焦りが強い場合は、まずは家を出てみると焦りは軽減されるでしょう。毎日のように親からのプレッシャーを受け続ける毎日からは解放されます。

一人暮らしをしていても家族関係の焦りが強い場合、実は裏を返すと、あなたが家族を大事に思っている証拠でもあります。

家族を大事に思えない場合、一緒に暮らしていなければ、親が何を言っていようと、兄弟姉妹が結婚していようと、一線を引けます。それができないから焦ってしまうのです。

この場合は、自分が思っていることを率直に伝えることをおすすめします。

あなたの家族は、あなたが焦って辛い気持ちでいることを、さらに攻め立てるような人たちでしょうか?恐らく違うと思います。

あなたが焦っていることを、家族はあまり認識していないので「いつ結婚するの?」「結婚しないの?」と聞いてくるのです。言えば分かってくれます。

分かってくれなければ、ちょっと距離を置いた方がいいでしょう。そういう意味でも同居している方は、まずは一人暮らしをした方がいいと思います。

 

これでいいのか…?という焦り

今は趣味や楽しいことで満たされているけど、ずっとこのままでいいのかな?という漠然とした焦りです。

「結婚したい!」という明確な希望は無いものの、焦りを感じているということは、結婚を無意識にも考えているということですね。

 

ふっとべ!これでいいのか…漠然とした焦り

焦りの正体は、「自由でいることのバツの悪さ」のようなものかもしれません。どんな人生を歩むのも本人の自由です。

他の人が義務のように結婚をしていくのに疑問を持ちながらも、自分はこのままでいいのか…?と感じているとしたら、自分の生き方がこのままでいいのか?と無意識に感じているのでしょう。

「結婚」という枠組みではなく、「どういう生き方をしたいのか?」と考えなおしてみるといいでしょう。

自分で思い描いた、自分らしい生き方を選択していれば、漠然とした焦りは解消されます。

 

まとめ

アラサー女子の焦りの吹っ飛ばし方についてお伝えしてきました。

焦りは禁物…とも言いますが、焦りは行動するためのきっかけにもなってくれます。

自分のスタンスを確認して、結婚したいなら出会いを探す。今は焦らず、無理に行動しない。というのも一つの選択です。

ただ、結婚に関しては年齢が重視されるのも確かです。

年齢が上がるほど結婚しにくくなる現実は残念ながらあるので、「結婚チャンステスト」などで、自分の可能性をチェックしておくことをおすすめします。

現実に蓋をしてしまって、気づいたら手遅れ…… なんてことの無いように、自分の現状をしっかり認識しておくのが大切です。

 

アラサー女子におすすめの記事