独身で寂しい人必見!明るい未来を生きるための7つのコツ

独身で一人で過ごしていると、ふと寂しいなぁ…と感じること、ありますよね?

30歳くらいになると「結婚していて当たり前」という空気もあるので、寂しさと同時にプレッシャーも感じてしまいます。

 

今、独身で寂しさを感じているあなたへ

 

この記事を読むと、「寂しくて辛いのは自分一人だけじゃないんだ」という気持ちと、「よぉし!前向きに生きていくぞ~」という自信が湧いてきます。

 

寂しさを楽しさに変えちゃいましょう☆

 

さくっと寂しさを解消する方法を知りたいあなたはこちら⇒独身の寂しさを解消して、明るい未来を描くコツ

 

みんなの「独身って寂しいなぁ…」な瞬間

まずは「寂しいのはあなただけじゃないよ」という、独身シチュエーションあるあるをお送りします。

みんなが独身って寂しいなぁ…と感じる瞬間、集めました。

 

友達の結婚式

20代後半から30代女性は特に感じる、独身の寂しい瞬間の王道です。

若い頃はキャッキャできたブーケトスも、今や独身代表選手権?

独身男女だけ前に出て行うゲームなんかもあったりして、肩身の狭さを感じる寂しい瞬間です。

 

SNSの幸せそうな友達家族の写真

問答無用で寂しさを感じるのがSNSです。

順風満帆に行っている人にとって楽しいツールでも、つまづきを感じている独身者にとっては闇落ちツールになっちゃいます。

ご利用は計画的に…

 

休日に一人で外出するとき

若い頃は何も感じなかったけれど、年齢を重ねるごとに感じる寂しさ。

誰かと一緒に出かければいいのですが、友達は既婚者だったり、そもそも忙しかったりで予定を合わせるのが大変です。

街行く家族連れやカップルが、こんなにまぶしく見えるなんて…!

 

一人の食事

お家でひとりで食べるのも寂しいですが、一人の外食も寂しいものがあります。

周りが一人ばかりの都会のファーストフードなら気兼ねしませんが、カップルやグループばかりだと感じる寂しさ…

最近は一人限定カフェなんかも出てきているようですが、なかなか数は少ないですね。

 

兄妹や親戚の子どもと遊んだとき

独身者にとって、子どもがいる家庭はどんな事情があっても暖かく映ります。

子ども嫌いを公言しているい人でも、肉親の子どもにはまた違った感情を抱くことも。

やっぱり子どもっていいな…さみしいな…結婚したいな……と思うのも自然な流れでしょう。

 

年老いた親を見たとき

ふと親の顔を見た時に感じる「老けたなぁ…」という印象。

実家で一緒に暮らしていると感じないかもしれませんが、遠方から一時的に帰省した時によく感じる寂しさです。

 

家に帰っても暗い…話し相手がいない

一人暮らしは暗い部屋に帰るのが当たり前。

とは言えやっぱり家に話し相手がいないというのは、気楽な面もあるけど寂しさは募ります。

一度同棲したことがあったりするとなおさらかも…

 

長期休み、年末年始、イベント

ゴールデンウィーク・お盆・クリスマス・お正月・バレンタインデー・ホワイトデー…

あんなに楽しみだった長期休みも、一人で過ごすと思うと鬱々としてきますよね。

予定を入れるのも一苦労になってきて、何だか寂しいホリデイです…

 

ふと目が覚めた瞬間

眠りから覚めた時、何とも言えない寂しさが襲ってくることがあります。

これが孤独感というやつなのか…と思わずにはいられない、独身者の寂しい夜明け。

 

年代別の独身の寂しさ

ここからは年代別に特に独身が寂しいと感じる瞬間を一つ厳選しました。

離婚して独り身になった方向けの瞬間もご用意しておりますが、

もうお腹いっぱいです…早く対処法を知りたいよぉ…というあなたはこちらからどうぞ⇒独身の寂しさを解消して、明るい未来を描くコツ

20代:SNSでリア充投稿を見たとき

20代の方はほぼ何かしらSNSを使っているのではないでしょうか?

自分が一人でいるときに、友達カップルやグループの楽しそうな写真を見てしまって寂しさ倍増。

写真だけでなく動画の投稿も増えていて、さらに寂しさが加速します…

 

30代:SNSでリア充夫婦と子どもを見たとき

30代の方のSNSはカップルや友達グループではなく、夫婦や家族の投稿が多くなってきます。

20代の頃よりもダイレクトに心をえぐられる投稿多数。

子どもの写真で埋まっていくタイムラインよ…

 

40代:病気で寝込んでいるとき

病気になるとただでさえ弱気になるのに、自分一人で病院に行って薬をもらって管理して、食べ物も用意して…

独身者の病気は攻略難易度が高くなります。

どの年代でも一人で寝込んでいたら寂しさを感じますが、この年代になると体力の衰えが切実な問題になってきます…

 

50代:将来の孤独を考えてしまうとき

若い頃のようにうろたえることは少なくなりますが、現実的に老後が見えてくる年代です。

寂しさや辛さを抱えながら、現実的な問題を処理していくのは並々ならぬパワーが必要になります。

同じ苦楽をともにするパートナーを探そうにも、自分の年齢を考えただけで寂しくなることも。

 

離婚して独身:結婚していた時の思い出

離婚したからと言って、全部が全部辛い思い出というわけでもないですよね。

あの人といった場所、住んでいた街、数々の良かったころの思い出が寂しさを運んできます。

 

独身の寂しさを解消して、明るい未来を描くコツ

ここからはお待ちかね、寂しさを解消して明るい未来を描けるようになるコツをお送りします。

実は重要ポイントはたったの一つで、人と繋がれることに目を向けることです。

誰かと新しい小さな繋がりを作ることができれば、寂しさは少しずつ癒されていきます。

新しく始めることはあなたに楽しさと自信を運んできてくれますし、あなたを理解してくれる最高のパートナーと出会うきっかけにもなりますよ。

 

新しい趣味をはじめてみる(アウトドア・写真・ハンドメイド…etc)

新しい趣味をはじめましょう。

あなたを心の底から楽しませてくれる、楽しい趣味を始めましょう。

ポイントは、人との繋がりやすさです。

例えばアウトドアなら「アウトドアツアー」に参加するのが良いですね。

モンベルのような、アウトドアグッズを売っているお店が開催しているツアーは信頼性も高く、一人参加の方も多数います。

⇒モンベル・ツアー

 

文化部なあなたには「写真の講座」や「ハンドメイドの講座」など、手軽に始められる講座がおすすめ。

お金を払って教えてくれる講座形式であれば、人見知りなあなたでも優しく受け入れてくれます。

講座形式で気軽に参加できるのが「ストアカ」で、手ごろな値段で色々な趣味を試すことができます。

こちらも一人参加の方がほとんどです。

⇒ストアカ

 

価値観が変わる旅に出る

一味違う旅行体験を味わえば、独身者の寂しさなんてどこ吹く風。

ただ、普通の一人旅ではむしろ寂しさを倍増させる可能性もあります。

とは言えツアーで一人参加も気がひける…というあなたにはtripieceがおすすめ。

画像引用元:https://trippiece.com/

旅慣れた人が企画の音頭をとり、参加者と一緒に旅企画を実行していくスタイルの旅行サイトです。

普通に生活していたら出会えない人たちと、普通とは一味違う旅ができちゃいます。

たくさんの旅行企画が開催されており、8割以上が一人参加。

ウユニ塩湖やマチュピチュのような壮大な旅から、京都の古民家カフェ巡りのような身近な旅まで、たくさんの旅企画が満載ですよ。

⇒tripiece

 

ガチ美容する

思いっきり自分磨きを楽しむのも、寂しさを紛らすのに有効です。

綺麗な自分でいるだけで自信がつくし、素敵な相手が突然現れても大丈夫。

行動するにも自分の容姿が整っているかどうかで、振る舞いも変わってきます。

一人ではどうしたら良いか分からない…というあなたは、デパートの美容部員さんに聞いたり、資生堂の「LINEで美容相談」をしてみる、また「こくちーず」というイベント参加募集サイトの「美容イベント」に参加する等の方法があります。

⇒資生堂「LINEで美容相談」

⇒こくちーず

 

この際、美容関係の資格を取ってみるのはいかがでしょう?

「日本の資格・検定」というサイトでは、健康・美容ジャンルの資格をたくさん探せますよ。

⇒日本の資格・検定

 

ペットを飼う

独身男女がペットを飼ったら終わりとよく言いますが、ペットを通して人と繋がる機会が増えます。

鉄板なのはやはり犬で、ドッグカフェでの出会いや、ペットショップの店員さん、トリマーさん、犬好き同士のイベント等、出会いの場がたくさん広がります。

他の動物でも「動物名+オフ会」などで検索するとヒットしますし、Google検索だけでなく、TwitterやInstagram等のSNSで検索するのも有効です。

そもそもペットの存在自体が、あなたの寂しさを癒してくれるので、ペットを飼ったら終わりというのも捉え方次第ですね。

ペット関連商品を多く手掛ける「ペティオ」のサイトでは、犬と猫の飼い方と、「こんなときどうする?」という注意事項が詳しく掲載されています。

⇒ペティオ

 

自分を高める習いごと

習いごとも独身の寂しさを解消するのに有効です。

習いごとは基本的に「手を動かす」ことが多いので、作業しているうちに寂しさなんて忘れてしまいます。

もちろん習いごとを通した人との出会いもあります。

探し方は「東京+習いごと」地名で検索したり、「料理教室+渋谷」のようにやってみたい習いごとから検索する他、先ほど趣味の欄で紹介した「ストアカ」や、オズマガジンの「OZスクール」、リクルートの「ケイコとマナブ」等にも多くの習いごとが掲載されています。

⇒ストアカ

⇒OZスクール

⇒ケイコとマナブ

 

将来のキャリアに繋がる学び

思い切って社会人向けのスクールに通い、将来のキャリアに繋げる方法はいかがでしょうか?

仕事をしながらの勉強は大変ですが、寂しさを感じる間もない、充実した日々になるでしょう。

そうは言っても、「自分はどういう道を歩めばいいのか分からない…」と感じる方も多いと思います。

画像引用元:https://escareer.co.jp/mycounselor/

女性の生き方や働き方をサポートする「マイ・カウンセラー」では、仕事を中心とした女性の生き方相談ができます。

漠然としたモヤモヤな悩みでもOK。

キャリアコンサルタント国家資格を取得した女性カウンセラーが、あなたの悩みに寄り添い、良い未来を掴むためのサポートをしてくれますよ。

⇒マイ・カウンセラー

 

独身の新たな視点を手に入れる

独身=みじめで寂しい…

こういう価値観が自分の中にあって辛いなら、そもそもそれって本当なのか?改めて考えてみるのも良いですね。

東洋経済オンラインで連載されている「ソロモンの時代」では、結婚しない男女にスポットを当て、様々な角度から分析・解説しています。

  • 100年前の日本人が「全員結婚」できた理由
  • 1人でも「寂しくない」未婚者が増える背景
  • 東京の「独身が住む区」は男女でこんなに違う

こんなタイトルの記事がたくさん掲載されています。

独身という事柄について一歩引いた視点で見られるようになれば、寂しさに惑わされることも無くなるかもしれません。

⇒ソロモンの時代|東洋経済オンライン

 

寂しさの答えは自分の中に…

独身は寂しさを感じやすい境遇ではありますが、寂しさを感じるのは何も独身者だけではありません。

寂しさに目を向け続けてしまうと、自分を見失ってしまいます…

 

寂しいのは辛いけど、自分はこの先どうしたい?

 

寂しさを感じたままずっ~と生きたい人なんていませんよね。

答えは必ず、自分の中にあるはずです。

 

でも結婚は考えちゃう…好きな人と結婚?妥協で結婚?

でもでも独身のままは嫌…。

やっぱり結婚したいよぉ…というあなたは、「Kirekawaみんなの恋愛事情」を読んでみてください。

好きな人とマッチングアプリで出会って結婚した人、婚活をがんばって成功させたアラサー女子を中心に、同じ境遇だった女子の恋愛事情を垣間見ることが出来ます。

好きな人と結婚した方がいいのか…それとも妥協…?

みんなの本音はどっち!?

⇒Kirekawaみんなの恋愛事情

 

元気チャージ!独身女性の奮闘ぶりが描かれている漫画

地獄のガールフレンド:鳥飼 茜(とりかい あかね)

画像引用元:https://www.shodensha.co.jp/torikai/

働く女子の悩みがぎゅぎゅっと凝縮された漫画なら鳥飼茜さんです。

「地獄のガールフレンド」は、タイプの違う20~30代女子がひょんなことから始まったシェアハウス生活を描く物語。

女友達との比較、結婚に対するプレッシャー、モテない系女子……などなど、同じ境遇の方なら読めば共感の連続ですよ。

 

まとめ

独身で寂しいなら、新しいことを始めましょう。

新しく始めたことがきっかけで新たな出会いも生まれます。

寂しさはいったん脇に置いて、未来に向かってゆっくり歩んでいけるといいですね。

 

 

恋愛ブランク5年のmamamayuさんがアプリで結婚した話

恋愛ブランク5年だった「KireKawa恋愛事情」ライターmamamayuさん。

男性に対するリハビリも兼ねてアプリをはじめたら、何と1年も経たないうちに結婚しちゃいました。

その時に使ったアプリは、みんな知ってるアレでした…!結局強いのは有名どこってことですか……

詳しくは下記よりどうぞ。