30代独身彼氏なし女性へ…これから♪これから♪諦めたら試合終了ですよ!

30代で独身、しかも彼氏ナシだともしかしてヤバイ?一生このまま?などと思い落ち込んでしまう女性は多いです。

身も蓋もない言い方をすれば、出会いのチャンスはかなり崖っぷち!

けれども一生独り身の覚悟を決めたり諦めたりする必要は全くないですし、今からそんなことをしていると掴める出会いもつかめなくなってしまいます。

30代独身彼氏ナシの現状を打破したい!

そんな人は今が頑張り時です!

 

30代独身彼氏ナシの女性の特徴

30代独身彼氏ナシとなってしまいやすい女性にはある特徴があります。

30代予備軍の独身彼氏ナシ女性も当てはまる部分がないかチェックしてみましょう。

 

高望みをしている、男性を見る目が厳しい

男性に求めるものが多過ぎると、恋愛関係に発展しにくかったり長続きしにくかったりします。

特に厄介なのが高望みをしている自覚がない女性です。

コミュニケーション能力があり、リードしてくれ、気が利いていて、安定した仕事に従事している誠実な男性を「普通の男性」と思っているのならば要注意!

誠実であることと女性の扱いが巧みであることはなかなか両立しません。

「生理的に無理!」ではない男性と出会えたのならば、あとはその人の魅力を探すように心がけましょう。

少々気が利かないのは遊び慣れていない証拠ですよ。

 

自分は普通、完璧、モテると思っている

「普通の自分は普通にしているだけで普通の男性と出会い、普通の結婚ができる」と信じていると、30代独身彼氏ナシの道へと足を踏み入れてしまいます。

出会いとは非日常です。

普通の人が普通に過ごしていれば、普通の日々が続くだけということに気が付きましょう。

またモテると思っている人も要注意です。

実際に身なりに気を配り、モテていたとしても実際に特定のパートナーがいない現状から目を反らしてはいけません。

「ちょっと本気を出せば彼氏や結婚くらい」などと思っていればプライドは傷つきませんが、モテなくなってから本気を出しても遅いですよ。

「モテるけれど、素敵な男性がいない」状態ならばもう受け身では、「素敵な男性」からアプローチを受けられなくなっていることに危機感を覚えましょう。

 

実家暮らし、自立していない

30代になっても実家暮らしだと出会いに積極的になりにくいです。

家を出て1人の男性と関係や生活を築いていくというのは、とても手間もお金もかかる大変な作業です。

慣れ親しんだ実家を捨ててまで誰かと一緒にいたいと思いにくくなってしまいます。

また頻繁に「ママが……」「パパが……」と言っている女性はめんどくさそう、自分よりも親を選びそうと思われ、男性に敬遠されやすいです。

30代になったのならば親元を離れ、大人として生活をしていく経験をしてみましょう。

実家に守られている状態では分からないことがたくさんあります。

 

忙しすぎる

仕事、趣味、女子会などが充実しすぎていると出会いどころではなく、独身彼氏ナシになってしまいやすいです。

「今はそれどころではない」と思っているうちに、あっという間に年月が経ってしまいます。

仕事をすれば会社は評価してくれますが、あなたの人生の責任は取ってくれませんし、どんなに仲良しであっても、独身同盟の契りに効力はありません。

責任感があり、頑張り屋さんだからこそ、少しだけ出会いにもエネルギーを向けてみましょう。

 

結婚に慎重すぎる

結婚や出会いに対して慎重すぎるとネガティブな要素ばかりが気になってしまい、一歩が踏み出せなくなってしまいます。

恋愛や結婚は幸せだけでなく、リスクが伴うものです。

しかしなんの不安も心配もなく交際や結婚に踏み切った人などいません。

2人で立ち向かい、工夫や協力をして乗り越えていくのが人生の醍醐味です。

取り越し苦労、案ずるより産むがやすしとの言葉もあります。

まだ起こってもいない心配をしてとまどうよりはとりあえずやってみましょう。

失敗したらそこから学び、もう一度やってみればいいだけです。

また「結婚すると〇〇ができなくなる」ということを恐れすぎている人も多いですが、思い込みの可能性も高いですよ。

とくに自由が無くなることを恐れている人は多いですが、30代まで自由にやってきた者同士の場合、お互いに束縛したいと思いません。

 

30代女性の婚活事情はハッキリ言って厳しい

残念ながら30代の婚活事情は甘くありません。

しかし厳しいという現状を自覚し、それを踏まえて行動をすればチャンスは十分に得られるでしょう。

 

男性は若さを求める

出会いに置いて男性は女性の年齢を重視する傾向があります。

男性は結婚と子どもをセットに考えがちなので、年齢が上がるごとに厳しいです。

30代後半になると同年代の男性からは敬遠されやすくなるでしょう。

現状でモテていたとしても結婚対象と見られているとは限りません。

少しでも若いうちから婚活を始めた方が上手くいきます。

 

年齢が上がるほどに結婚率は下がる

晩婚化が進んでいるのは事実ですが、年齢が上がるにつれて結婚できる確率は下がっていきます。

平均結婚年齢は大幅に下げている人と上げている人が一部いるだけなので安心材料にはなりません。

2015年内閣府の調査によると、未婚女性が5年以内に結婚できる確率は、25歳で43.2%ですが、30歳で35.5%、35歳で21.5%、40歳ともなると9.3%です。

35歳を過ぎれば25歳のときの半分以下の確率となってしまいます。

 

30代には30代の出会い方がある!

30代独身彼氏ナシからの挽回はたしかに甘くはありませんが、30代には30代のチャンスの掴み方があります。

学生時代や20代のころと同じやり方をしても空回りしがち。

時間や頑張りを無駄しないためにも賢く立ち回りましょう。

 

見た目を磨く

男性は女性の年齢を気にするとは言ってもまずは見た目です。

若作りをするのではなく、若々しく見えるようにしましょう。

体を引き締める、姿勢をよくする、地味な服を選び過ぎない、髪や肌の手入れを怠らないなどできることはたくさんあります。

 

崖っぷちである自覚をもつ

いつまでもちやほやされる若い娘ではいられません。

もうすぐアラフォー、あるいはすでにアラフォーである自覚を持ちましょう。

卑屈になる必要はありませんが、「まだ自由を楽しみたい」「運命の人を待っているの」などと言っている場合ではありません。

35歳ならば今後5年間のうちに結婚できるのは10人の内2人だけです。

その2人に滑り込みたいと思っているのならば、悠長なことを言っていられません。

モテていた経験があってもそれ過去のことです。

選ぶ側として上から目線で男性を評価するようなことをしなければ男性も心を開いてくれやすいでしょう。

 

出会いの場へ行く

30代を過ぎると日常生活の場で出会うのが難しくなってしまいがちです。

婚活パーティー、結婚相談所、マッチングアプリなど出会いがある場へと足を向けましょう。

話しかけられるのを待っているのではなく、自分から積極的にアプローチをすることも大切です。

相手をスペックだけで見たり質問責めにしたりするのではなく、共通して好きなものなどを見つけてそこから話しを膨らませると相性の良し悪しが分かりやすいです。

また、行動することは大事ですが、ガツガツしすぎてイタイ女になっては本末転倒。

あくまで自分の人生を楽しむのが最優先です。

 

30代独身彼氏ナシ……ヤバイかもって思ったら行動しよう!

女性は30代になると出会いにくくなってしまいます。

今30代独身彼氏ナシならば何も行動を起こさないと、このまま独り身が続いてしまう可能性が高いです。

しかし崖っぷちであることを自覚し、行動を起こせばまだまだチャンスを掴める年齢です。

真面目で頑張り屋な女性ほど何かと忙しい年齢ではありますが、少しだけ自分の幸せにも気を回してみてはどうでしょうか?

それは決してガツガツ男漁りをするという意味ではなく、人生に向き合うことでもあります。

 

恋愛ブランク5年のmamamayuさんがアプリで結婚した話

恋愛ブランク5年だった「KireKawa恋愛事情」ライターmamamayuさん。

男性に対するリハビリも兼ねてアプリをはじめたら、何と1年も経たないうちに結婚しちゃいました。

その時に使ったアプリは、みんな知ってるアレでした…!結局強いのは有名どこってことですか……

詳しくは下記よりどうぞ。